logo




sakamaki

アドバイザー
博士(環境学)
酒巻 隆治
Ryuji SAKAMAKI

90年代の学生のころのことです。人工知能に関係する授業で、先生が学生に向かって右手を突き出して聞きました。「みなさん、この手をどう呼びますか?」「先生の右手です」「正解!他は?」「私たちの左側にある手です」「それも正解!他にありませんか?」。教室の空気は急に自由を得ました。「北の方角にある手」「左右で高い方に位置する手」「左右で先生から奥にある手」。先生は、にこやかに「すべて正解です。しかし、呼び方がバラバラでは困ります。では民主的に多数決を取りましょう」とその場で多数決をとりました。そして「この場でしかも今というタイミングだけ、みなさんが『右手』としたいのなら、とりあえず『右手』ということにしましょう。これが人工知能というシステムの根源です」。

私はいまもこのシーンをよく思い出します。人工知能がそれまでのシステムと大きく異なるのは、事前に設計されたものしか計算できないシステムではなく、大枠のシステムをもとに、パラメータとして多くの人の集合知・データが入り込む点にあります。流動的な局面ごとに商品購入動向、心地よいと思われるサービスを把握し、システム自身が判断を改善していきます。

人工知能の人間社会への進展は、一定のルールによってしか機能しない固定のシステムの終焉を意味します。いま、求められているのは流動的に変化する局面に常に民主的な判断を行う賢いシステムの構築です。すなわち人工知能システムの構築を検討するときに、いつもルートエフ・データムがあることを願っております。

(2019/7)


1976年 埼玉県 生まれ
2001年 慶應大学大学院 政策・メディア研究科 修士 人工知能の研究
2001年 KDDI入社 eビジネスシステム部
2008年 文教大学 情報学部 非常勤講師
2008〜9年 東京大学 工学部 非常勤講師
2010年 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 博士 人間環境学を研究
  楽天株式会社 楽天技術研究所
2012年 株式会社ドリコム 戦略企画部
2014年 DATUM STUDIO 創業 代表取締役社長
2017年 ルートエフ・データム株式会社


ビッグデータのビジネス活用コンサルティング
人工知能のビジネス活用コンサルティング
人工知能を使用したマーケティング施策立案
人工知能を使用した新規サービス・新規事業の立案
人工知能を使用した働き方改革(人員削減)


book10

パーフェクトR
著者:Rサポーターズ,安部 晃生,市川 太祐, 酒巻 隆治,戸嶋 龍哉,
福島 真太郎, 和田 計也, 里 洋平,津田 真樹
技術評論社 2017/3/22


book7

データサイエンティスト養成読本 R活用編
著者:酒巻 隆治,里 洋平,市川 太祐,福島 真太郎,
安部 晃生,和田 計也,久本 空海,西薗 良太
技術評論社 2014/12/12


book6

ビッグデータを活かすデータサイエンス
クロス集計から機械学習までのビジネス活用事例
著者:酒巻 隆治, 里 洋平
東京図書 2014/11/10


book4

Rではじめるビジネス統計分析
著者:末吉 正成,里 洋平,酒巻 隆治, 小林 雄一郎,大城 信晃
翔泳社 2014/7/18


book3

ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門
著者:酒巻 隆治,里 洋平
SBクリエイティブ 2014/6/25